SEARCH

おうちづくりで大切なこと

2022.01.24

照明器具の選び方 その2

  • facebook
  • twitter
  • LINE

それ一つで部屋のイメージを左右する照明器具は、家のインテリアを考えるときの重要なポイント。前回に続き、照明器具の形と、用途に応じた使い分けについてお伝えします。

照明器具あれこれ

家づくりにおいて照明プランも大事なポイント。
照明器具の特徴をきちんと知って、それぞれの場所に合ったものを選ぶことで快適性を高め、部屋を効果的に演出できます。
前回に引き続き、様々なタイプの照明をご紹介!

スポットライト&ライティングダクトレール

位置や数を簡単に変更することができ、住み始めてから暗ければ器具を追加したり、照らす位置を変えることができるフレキシブルな照明です。

吹抜けの梁に取付けたり、店舗や事務所空間でも採用の多い照明です。

シーリングライト

天井に直接貼り付けるようなかたちで取付ける照明器具です。

一灯で明るく、調光・調色のできる機能的なものが多く、コストパフォーマンスにもすぐれています。

見た目はさておき、迷ったときはこれ!という実用的な照明。

ダウンライト

天井に埋め込む形の照明器具。シンプルでどの家にも必ず一灯はあると言っても過言ではないくらい。掃除の手間もなく、天井から飛び出さないので実用的。他のデザイン的な照明と組み合わせて使うにも最適です。

一昔前は電球交換のできないタイプが主流で、LEDが切れたら電気屋さんを呼んで器具ごと交換、というのが当たり前でしたが、最近はフラットランプというダウンライト用の規格サイズLED電球が発売され、人気を集めています。

(左)廊下などをはじめ、リビングなど様々な場所に採用されています。
(右)和室にあう四角いデザインのものも。

間接照明

光源を隠して設置し、壁や床を照らした間接的な光で空間演出を楽しむための照明。

明るさは少なくメインの照明にはなりませんが、非日常的な空間や雰囲気を演出してくれます。
いろいろな種類のある照明器具。
快適な住まいを実現するために、用途をじっくり考えなら、お好みに合わせて楽しみながら選んでみてくださいね。
〈 / 〉

RELATED