SEARCH

おうちづくりで大切なこと

2021.12.07

断熱材「アイシネン」とは?

  • facebook
  • twitter
  • LINE

家づくりに欠かせない断熱材。大切なものだとわかっていても、実際にはどんなものが使われているか知らない場合が多いですよね。今回はそんな断熱材をピックアップ!

家の基礎と屋根に使う断熱材「アイシネン」

以前、壁に使う断熱材「セルロースファイバー」についてお話したのですが、今回は、家の基礎と屋根の部分に使用する「アイシネン」をご紹介します。

「アイシネン」はカナダ生まれの現場発泡吹付ウレタン断熱材です。
1のウレタン素材が一瞬で100倍に膨らみ、わずかなすき間にも入り込んで気密性を高めてくれます。

「アイシネン」の特徴

水を吸収しないので、万一、水に触れたとしてもカビが発生しません。
水蒸気を吸収することなく、拡散しながら透過させる性能があり、結露予防に役立ちます。

火に強く、自己消化性があります。JISの燃焼性試験にも適合しています。

剥離・脱落の心配がなく、接着力が非常に高く、地震などで家が揺れたとしても安心です。

また、人体にやさしく、シックハウス症候群のもとになるホルムアルデヒドや揮発性有機化合物を含みません。

さらに、環境にもやさしく、施工時の発泡に使うのは水と空気だけ。フロンガスなどを一切使用しません。

このような優れた性能を持つアイシネンは、暑くなりがちな小屋裏や、湿気がちな基礎に使用するのにぴったりな断熱材です。
〈 / 〉

RELATED