SEARCH

おうちづくりで大切なこと

2021.10.05

きちんと知っておきたい“シックハウス”

  • facebook
  • twitter
  • LINE

家づくりを考え始めると、気になってくる「シックハウス症候群」。住む人の健康に関わることだから、事前にきちんと知っておくことが大切!

シックハウス症候群とは

近年、住宅の高気密化などが進むに従って、建材や調度品等から発生する化学物質などによる室内空気汚染等と、それによる健康影響が指摘され、「シックハウス症候群」と呼ばれています。
その症状は、目がチカチカする、鼻水、のどの乾燥、吐き気、頭痛、湿疹など人によってさまざまです。

シックハウス症候群は、医学的に確立した単一の疾患ではなく、
住居に由来する様々な健康障害の総称を意味する用語とされています。

シックハウス症候群の原因

住宅の高気密化・高断熱化などが進み、化学物質による空気汚染が起こりやすくなっているほか、
湿度が高いと細菌、カビ、ダニが繁殖しやすくなります。
それだけではなく、一般的な石油ストーブやガスストーブからも
一酸化炭素、二酸化炭素、窒素酸化物などの汚染物質が放出されます。
また、たばこの煙にも有害な化学物質が含まれています。
シックハウス症候群は、それらが原因で起こる症状です。

人に与える影響は個人差が大きく、同じ部屋にいるのに、
まったく影響を受けない人もいれば、敏感に反応してしまう人もいます。

シックハウス症候群にならたいための主な対策

【カビ・ダニ対策】
住宅環境、日常生活でカビ・ダニ発生の原因と思われる点を改善し、
換気や掃除等により、効果的なカビ・ダニ対策を講じる必要があります。

キッチンや浴室・トイレなどの換気設備を活用し、汚れた空気を排気するとともに、
時々窓を開けて新しい空気を入れましょう。
換気は湿気の除去に有効ですので、カビ・ダニ対策に有効です。

また、太陽光には乾燥と殺菌の効果がありますので日照も利用し、
畳・寝具などの日光干しを行い、
常に乾燥した状態におくよう心がけると、それだけでかなりの防カビ効果が期待できます。

ただし、花粉や黄砂・Pm2.5など外気自体が空気汚染されていることもありますので、
状況を見ながら行うのがいいでしょう。


【化学物質対策】
リフォームなどの前に、工務店や設計者と十分な話し合いを行い、
自分の希望をしっかり伝えて材料選びを行うことが大切です。

住む前の検査で「心地よさの見える化」


デザインや価格、断熱や気密の数値も大切だけれど、
家選びで一番大切なのは「住む人が健康に暮らせる家であること」です。

完成後、全棟VOC(人体に有害な揮発性有機化合物の略称)検査をして、
室内空気に化学物質による汚染の無いことを確認しているか?を工務店に確認しましょう。




〈 / 〉

RELATED