SEARCH

広島の注文住宅の実邸見学

2023.01.24

実邸見学|家族みんなが暮らしやすく。光をとりこむバリアフリー住宅

  • facebook
  • twitter
  • LINE

生活空間を1階に集約し、段差の少ないバリアフリーな家

家族想いの工夫がちりばめられた家

広さや家事動線など、家づくりをする際に希望することは人それぞれです。
ご夫婦と娘さま3人で暮らされる今回のお宅は、
足元が不安なお母さまが「車イスでも暮らしやすい」ことを最優先に希望され、
家族みんなが快適に過ごせる家となっています。

1階

お風呂・トイレなどの水回り設備とLDKを1階にまとめ、あらゆる所に手すりを設置。
また、車イスでスムーズに移動できるようにバリアフリーに。
生活動線も良く、平屋のような間取りとなっています。

玄関

スロープを設けた玄関アプローチは車イスでも楽に外出できます。
広々とした玄関ホールは、ヒノキをふんだんに使用。
玄関扉を開けると、思わず「いい香り!」と深呼吸をしてしまいます。
無垢と洗い出しの土間もとても相性が良く、伝統ある日本建築のような落ち着いた印象に。
手すりは、設置する時に実際に現場で高さを確認。
さらに必要な箇所があれば追加するなど、安全面にとことんこだわっています。

PHOTO GALLERY

LDK

開放感あふれる吹き抜けと、腰板がアクセントになっているコンパクトな広さのLDK。
全ての家具を造作し、使い勝手が良いように配慮されています。
やわらかいヒノキの造作テーブルは、ダイニングテーブルとしては珍しい引き出し付き。
カラトリーや文具など細々したものを収納でき、移動せずに取り出せるのでとても便利。

「タカラスタンダード」のシステムキッチンは限られたスペースを活かせる壁づけに。
また、コンロ部分には 遠赤外線効果のあるラジエントヒーター。
背面には造作家具を設置しています。
棚の中には、コンセントやアースを取り付けているので、使い勝手もよく
生活感が出やすい家電を隠せるメリットは大きいです。

PHOTO GALLERY

水回り

洗面/脱衣スペースは、車イス使用でもスムーズな方向転換が可能な広さを確保。
さらに、車イス対応の足元が開いた洗面化粧台や、浴室ドアを2枚引き戸にするなど、
使い勝手と安全面に配慮した設計。
トイレは自立して使用できるよう手すりを設置。
介助もしやすいように奥行きが広くなっています。

水回りは全て1階にまとまっているので、車イスでも快適に過ごせて、
自立して生活しやすい間取りとなっています。

PHOTO GALLERY

寝室

LDKのすぐ隣はご夫婦の寝室兼仏間。
引きちがい扉を開けると床や壁、天井まで全面ヒノキの無垢で施工。
とても気持ちの良い空間となっています。
ベッドが置けるようフローリングを採用。
階段下収納には、季節ものを入れ替えられるようポールを2本設置。
造作仏壇棚にも引き出しを付け、収納スペースを確保しています。

PHOTO GALLERY

2階

娘さまの主生活スペースの2階には、寝室、防音部屋、物置に活用できる洋室。
部屋ごとの目的に応じた設計となっています。

フリースペース / 物置部屋

両側に手すりを設置し緩やかに設計された階段を上がると、
造作の収納棚とテーブルのあるフリースペース。
洗濯物を畳んだり、アイロンかけをしたり、ゆったり家事もできます。
1階吹き抜け部分に面していて明るく、空間も広く感じられます。

限られたスペースで建てられた家でも、室内物置部屋を設けることで収納力も十分に。
また来客時の一部屋としてなど、フレキシブルな使い方もできます。

PHOTO GALLERY

寝室

2階の娘さまの寝室には、専用の洗面台を設置。
1階に降りることなく気を使わずに身支度などができます。
造作のドレッサー兼デスク、大容量ウォークインクローゼットを完備。
隣接している防音室、物置部屋にも直接行ける間取りとなっています。

PHOTO GALLERY

防音室

時間を気にせず、自宅で思いっきり音楽が楽しめる防音室を設置できるのは、注文住宅ならでは。
プロジェクターを取り付けて映画鑑賞をしたり、可能性は広がります。

市街地の決して広くない敷地でも明るく快適な暮らしを

今回のお宅は、車イスでも快適に過ごせることを最優先に考えながら、
ご家族それぞれの生活を尊重した間取りを実現。
さらに、壁、床、天井、そして全ての造作家具に木材をふんだんに使って、
心地よい空間を実現させています。
将来的にバリアフリー仕様や二世帯住宅を検討されている方は、参考にされてみてはいかがでしょうか。
〈 / 〉

RELATED